7月期アニメ

7月期のアニメについては、『恋と嘘』を楽しく見ている。しかし、男主人公の無色透明さ、古墳ネタがかろうじて「個性」なのか、可愛いヒロインを見せるため「だけ」に存在しているかのような。そういった役柄を理解しきっているような逢坂良太の芝居が印象的。

ボールルームへようこそ』は、本当に期待していた。この手の主題を扱うにあたって、ロトスコープを採らなかったというのがまず冒険に映ってしまうという、今日の深夜アニメの制作技術状況に思いを馳せる(ただの妄想しかないが笑)。2話の練習シーンでの振り付けコピーをはじめとして、振り付けの動性(個々のアニメーションが予期させる、余韻めいた動き)を面白く見ている。とくに、なんとか君という踊りの上手な男の子の振り付けの動性が、主人公君に引き継がれる場面などは、「完コピ」の主題を上手に映像化していると思う。

第4話を見ていて気がついたが、オープニングのクレジット、黒枠&白地の文字がずれて、赤枠&赤地の文字(影)がスライドするように出て来るのだけれど、まさに本編での動性のコピーを分かりやすく見せていると思う。