ボールルーム5巻

竹内友ボールルームへようこそ(第5巻)』(2013)

筋肉痛。

抜けになっていた巻を読む。アニメ版の脚本も上手に取捨選択しているとは思うが、通しで原作を読むといろいろ発見がある(当然か)。

「花岡さんが僕を見てくれている」(Heat 17)。これは「見られる」ことの主題系。

「下手だ/下手くそだ/自分の踊りは話にならない/と肝に命じることだ/自分を下手だと思っているうちはひとは成長する/謙虚な客観性をもってダンスに仕えろ」(同)。

はい。もうこれ以上のものは書けないと思ったことはないが、とはいえ、手抜きをしているつもりもないのだが、でも、もっと良くなるだろうという気持ちはあるのに、そのやり方が分からない、というのが、僕がものを書いているとき、それを投稿するときの感覚かもしれない。

このあとのシルエットのコマ、迫力ある。

本郷さんと千夏がここから登場。この二人が出てきて、リード/フォローの主題にひねりが効いてきてすっごい面白い。