スペぇええ~ (『ウマ娘』Extra/第13話)

ウマ娘』Extra見る。第13レース/第13話相当……そうか、基本、一日あたり12レースまでしかやらないものな(笑)

桃鉄で日本地理を、信長の野望で戦国武将を、そして、ダビスタで競走馬を学んだ世代としては、スペちゃん世代はドンピシャだった。クソガキとしてなにも分からないまま(ダビスタの分厚い攻略本で血統などは調べて見ていたと思うが……)毎週の中継を見て、自然と馴染んでいたサラブレッドの世代が、振り返ってみるに、こんな黄金期だと知らなかった。(外国産馬サンデーサイレンス産駒が競っている時期に見えます。)

まず、サイレンススズカの扱い。ライスシャワーもそうだったが、最期について中継で見てしまった記憶があったが、どのようにスズカを描くのか、放送前は本当に心配だった(あえてこの件については書かないでおいた……)。(スペちゃんが駆け寄るにしても、第7話で足を引きずるショットは本当に見ていて心が痛む。)

すでに書いていることだが、この作品では、スズカについてはカッティングの効果が絶大。

まず、オープニングにある天皇賞秋。実際のレース(これを「史実」というの、違和感ないか)を踏まえた大逃げのカット(大けやきの向こうを回るところ)と直線に入ってからのカットを分割して、わたしたちが知っているあの光景から1コマをまたいで if の世界に入っていくというのが見事だった。カッティングなしに、地続きで最終コーナーをまわって直線に入っていく走りを描いては、単にウソを描くことになるだろうが、瞬き一つで、カッティング一つで並行世界に入っていくという、この作品のポリシーには倫理感さえ感じ取れる。

つぎに、スペシャルウィークサイレンススズカの対決を第10話のようにカッティングありきで見せた(画面上では競争になっているが、競馬場では併走していない)こと。if の水準での誰が強い論争は荒れそうだものなぁ。そして、この並行モンタージュが可能にするレースを目撃できるのは、視聴者(夢見るファン)だけであるという、このおじさんの涙腺を刺激するメッセージ。

そうすると、最終話のあれはどうなのだということになるが、世代的にはブライアンの馬券を買うかも。というか、あんなん、展開さえ分からん――スズカとスカーレットはまあそうだろうなぁと思うが、マルゼンスキー姉さんは、実際のレースとか見たことさえないが(ダービーの逸話とかはそれこそダビスタの攻略本で読んだ、クラシックの速い馬、運のいい馬、強い馬のとかも同書で)、圧勝すぎて結果的に逃げ~先行の脚質になっていたつうことなんだろうか。

トレーナーさん(CV・沖野晃司)、熱かった。最終話での名前を呼ぶ場面での「スペぇ」の言い方、最高やん。

劇場版を思わせる、真っ黒な地に白字がひたすら流れるエンディングクレジットも、(あんな曲ながら)感動的だった。なにかいいお知らせがそのまま続いてもよかったのよ。

かりにゲームが出たら、スズカさん、マックイーンちゃん、スカーレットちゃんを育成したい。なかのひとの見た目でセイウンスカイ、声質ではトウカイテイオーを、勝負服ではグラスちゃん。

(スペちゃんとグラスちゃんをおなじチームにしておなじレースに一度も出さないというプレイは可能でしょうか。)

「こみが」など今週のアニメ

こみっくがーるず』第11話、いいお話だった。出来上がったネームだけではなく、着想が降りてきた場面も見たかった。

ひそまそ』第10話、ここに来て岡田麿里脚本らしい展開。恋愛以前の「少女的なもの」の偏愛。

ウマ娘』第12話、グラスワンダーがサイコレズっぽくなってきてるやん(笑) 聞き耳を立てるときの効果音、可愛すぎ。

「リズ」二回目も行ってきた。特典のフィルムはなかった。

合奏シーン、オーボエ、フルートのパートに金管などのパートが加わっていく曲の構成だが、オーボエ1人でほかのパートすべての音圧を跳ね返しているのに感心した。

タイトルが出るまでの場面はまた息をのむ。素晴らしい。希のポニーテールは重力に逆らうようで、彼女の背中も反っているように見えて、つぼみの黒髪ロングは重力にしたがって、まっすぐ降りて、前かがみとはいわないまでも、胸を張っているという姿勢でもないという、この対比。あと、みぞれの笑ったときの顔の目元、可愛すぎ。爆発しそう。

冷たい飲み物を買うこともできず(氷がガラガラ言ってしまう)、ポップコーンの音でさえ気になって、ビニール袋をがさこそすることも許されぬ(飲食物の持ち込みは禁止だが)、究極の視聴マナーが要求される作品。

『ウマ娘 プリティーダービー』第10話

ウマ娘 プリティーダービー』第10R「何度負けても」

脚本・池田亮、絵コンテ・高村彰、演出・慰斗谷充孝

泣かせるなよ……。

if の対決レース――もしかすると、あの二人にしか見えていないのかもしれない――をクロスカッティングで見せるとは。泣いた。

そうだよ、各世代の名馬が一挙に集うウマ娘の世界全体がそうだけれど、時間を越えた対決は、そんなレースはどこにも存在しないけれど、こうやって、想像の水準で成立してしまう。想像するわたしたちに見えてしまう仕掛けがある。スズカさんのいう「夢を与える」はつまり、こういうことなんじゃなかろうか。東京競馬場トレセンとのクロスカッティングの両者を見ることのできるわたしたちという「場」があってはじめて、見えてしまう。

キングヘイローさん(福永祐一がダービーを獲った日に)は何度負けても(サブタイをこの子にあげたい笑)高貴。年が明ければ念願のG1制覇だ。

もうメジロ家のあのお屋敷はないんだね。(ブライト弟くんは原作にはいないのかしら。好きだったんだけれど。)

つぎは「日本の総大将」で対モンジューか。

にんじんハンバーグて言ったら、みじん切りを揉み込んだの想像するじゃん……。

『ひそねとまそたん』第6話

ひそねとまそたん』第6話「君の名前を叫ぶから」

絵コンテ・松尾衡、演出・三宅将平

「アフレコとプレスコの中間」で声を録っているらしいです(そして松尾さんを呼ぶ)。この声の陣営であれば、その芝居に絵を付ける作画チームも燃えるだろう。

健さんなんて名前で呼ばないで」と立ち上がり、大きな一歩を踏み出して、洞窟から外に出て、煙のなかの機体に近づき、灼ける装甲に素手で触れて、語りかけ、「ノーマ」の名前を呼ぶ場面、口元も表情も写り込まないカットを重ねていく(この書き取りの読点の数くらいある細かなカット割りだった)。絵ではなく、キャリアの浅い声優の芝居が先導して、星野さんの感情の変化が表現されていく。この「声先導」は「賭け」だったかもしれない。まあ、感情を御すことのできない登場人物らしい声だったといえるかもしれない(プラメモ第1話の末尾で同様のカメラワークがあったが、そのときの久野美咲の声先導の泣き芝居はもっとすごかったぜ)。こころがほどけていくのに合わせてノーマの装甲が剥がれていく効果音は、ベタだが涙腺に来た。

堀江敏幸「スタンス・ドット」

堀江敏幸を急いで読み直し。

先週の締め切りはなんとかなった。つぎの締め切りは週明け。

ボールルーム&小松未可子の二曲ばかり聞いている。たまにヴァイオレットちゃんの茅原さん曲の2コーラス目からの盛り上がってくるところを聞く。まあ、だいたい、一緒に熱唱しながら書いている。(成長したアンの背中のショットで流れるストリングスの転調、素晴らしすぎ。)

家事とかその他の日常生活(飯とか)のあいだに、スペちゃん! スズカさん! は何度も見ている。

マックイーンちゃんも正統派お嬢さんでとてもよい。

テイオーちゃんの声優さんがわりと特徴的な声質で、歌手からちょっとずつこちらの仕事増えてほしい。

リズと青い鳥

リズと青い鳥』行った。池袋。

あの物語展開であればあのキャラクターデザインで良いと思う。

じっくりしたタイトル表示前までのシークエンス(登校のシーン)でやられた。

演奏シーンも素晴らしかった。

種崎敦美の名前がキャストクレジットの筆頭に来る劇場アニメ。

吹奏楽部ということで「耳のいい人たち」の世界(『聲の形』スタッフの制作、と宣伝されているのもうなづける)。

登校の場面が分かりやすいいが、ミニマルなフレーズを反復する劇伴は、いくつかの音色パートがあって、複数の音色が重なるとも追いつくともいえない微妙な間隔を保持したまま進行して、さらにローファーなり上履きなりの足音が重なっていく。むろん、みぞれとのぞみの関係性の隠喩なのだろう。

その関係性の描写については、登校の場面でもおしまいのカットでもあったけれど、「クルッと回る」というアクションも同様の意味作用を担っているだろう。みぞれ/のぞみの追いつく/追い越すの関係性の転換。

また、年齢にして三つしか違っていないはずだが「先輩」「後輩」のはっきりある高校時代の文化の記述としても面白かった。(部外に男が出来る女の子が出来る、というのは、テレビアニメ本編からすると驚きでもあった。)また、あの後輩ちゃんの熱烈なアピールも良い。

リズと青い鳥」という自由曲の選択は、顧問の滝先生によるのかしら。あの代であれば主軸はオーボエ(みぞれ)だというメッセージでもあったはずなんだろう。本人ものぞみも気がついていなかった可能性さえあるが。

多田くん、ヲタ恋

「多田くん」も「ヲタ恋」も物語の筋はいまいちだけれど、前者では宮野真守、後者では杉田智和沢城みゆきの芝居が聞きたいがために視聴をつづけているという(いいカップルですよねぇ)。

とにかく忙しいのであまり書けない。

友人の結婚式があった。天気がよかった。ドリンクメニューにあったカクテルを一つずつ淡々と注文していった。ご両親に会ったのは久しぶりだったが嬉しそうだった。新婦のお母さんの涙を見て勝手にもらい泣きしそうになった。

自身の婚活は続けてはいるが、結果も出ていないし、正直自信もない。とりあえず一人で生活できるようになりたい。

劇場ユーフォもまだ。

「こみが」「ウマ娘」は安定して良い。旋回癖が文化祭前のワクワクに転換されているの、ナイスだった。

非常勤では、文学の授業は去年よりはいい内容になっているだろう。語学の授業は淡々と。想定していたより語学力が低い。

まあいろいろ書き残しているが、ぽっくりあしたにでも死ぬとして、こんなことも書いていたんだとなんらかの経緯で発見されたらいいなあ。(PCにはパスがかかっているが。)